スピヴァク

スピヴァク

スピヴァク



ガヤトリ・チャクラヴォルティ・スピヴァク(Gayatri Chakravorty Spivak, ガヤトリ・チャクラヴォーティ・スピヴァクとも、1942年2月24日 - )は、インド東部ベンガル出身のアメリカ合衆国の文芸評論家、理論家、比較文学者。コロンビア大学の教員としては、最高位のUniversity Professorの地位にある。

ガヤトリ・チャクラヴォルティ・スピヴァク教授は、グローバリゼーションの席巻する現代世界において、新たに再生産されつつある知的な植民地主義、つまり地域、階層、民族、宗教、世代、ジェンダーなどの要因が複雑に絡みあう「知」と「権力」の見えない共犯関係に深いメスを入れ、その圧力に強く抵抗してきたインド系知識人である。教授は「脱構築」と ...

選択された商品をまとめて購入. 対象商品: サバルタンは語ることができるか (みすずライブラリー) - G.C. スピヴァク 単行本(ソフトカバー) ¥2,970. 残り20点(入荷予定あり). この商品は、Amazon.co.jpが販売および発送します。. 通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細. ナショナリズムと想像力 - ガヤトリ・チャクラヴォルティ・スピヴァク 単行本 ...

ガヤトリ・チャクラヴォルティ スピヴァク (英語表記)Gayatri Chakravorty Spivak

スピヴァク、日本で語る. 卓越したデリダ読解で頭角を現わし、ポストコロニアル理論を牽引、近年は「複数のアジア」へと向かうガヤトリ・スピヴァク。. 2007年夏に日本に滞在した思想家は、傑出した知性と学問への真摯な姿勢、ユーモアたっぷりの人柄で聴衆を魅了する。. 本書は熱気溢れる講演の全記録である。. 「ガヤトリ・スピヴァクは今回の一連の講演で ...

スピヴァクは彼女たちの「声―認識」(voice-consciousness)を組み立てるということを説く。しかしそれは当然アポリアとして立ちはだかることである。「認識の暴力」という言葉を使っているが、他者(ここではサバルタン)を誤って定義すればそれは無理解・誤解という、彼らにとってのさらなる暴力 …

この術語は、 イタリア の マルクス主義 思想家 であった アントニオ・グラムシ の業績に由来し 、南アジア史における非エリート階層の役割に注目した南アジア史研究者たちのグループ、 サバルタン・スタディーズ・グループ ( Subaltern Studies Group )の業績を通して ポストコロニアル理論 に導入されたものである 。. 1970年代には、この術語は植民地統治下に ...

展開する。まずモートンは、1993年に行われた対談におけるスピヴァクの発 言を引きつつ、弁護の議論を始める スピヴァクがあるインタヴューで述べているように、 「いやはや! スピヴァクはむずかしすぎて分からんよ!」という

訳者あとがき. (……)『スピヴァク・リーダー』の編者ドンナ・ランドリーとジェラルド・マクリーンは、その序論のなかで、この批評家の仕事になんらかのサマリーをあたえることは「たえざる政治的-知的なグローバル・アクティヴィズム」として遂行され続けているところのものにまえもって解答を出してしまう危険を冒すことになりかねないとことわりながら ...

内容. ミツバチは5,000万年もの間繁栄し、ひとつのコロニーには4万から5万のハチが驚くべき調和の中で生きています。. 7年前、ハチのコロニーが一斉に死滅し始めました。. それは何故か?. マーラ・スピヴァクが悲劇的な結果を生むかもしれない4つの理由を明らかにします。. これは簡単な問題ではありません。. ハチは世界の作物の3分の1を受粉しているのですから ...

2003

1995

2007

1999

1990

スピヴァク ⭐ LINK ✅ スピヴァク

Read more about スピヴァク.

razborkann.ru
upr-juzhnoportovaja.ru
freemp3s.ru
govnomotoservice.ru
stepenko.ru
sergeromanov.ru
clickhomecyprus.ru
santehoptprom.ru
elenayakovleva.ru

Also looking for:


Comments:
Guest
A friend is long sought, hardly found and with difficulty kept.
Guest

You can't turn back the clock--But you can wind it up again.

Guest
In the good old days, Uncle Sam lived within his income...and without most of ours.
Calendar
MoTuWeThFrStSu